オーストラリア/パース福島県人会‘パースふくしまの会’

2020年の活動報告

  • 2020年4月

    4月の活動

    注文物品販売を行い義援金を集める活動を行いました。

    COVID-19の影響を考え、今年のパース日本祭りでは毎年行っているブースでの日本食品販売を中止いたしました。代わりに注文受付による配達販売を行い、福島の子ども達、また今年は東部ブッシュファイヤーの被災地の子ども達に送る義援金を集めました。

    日毎に外出規制が厳しくなる中、沢山の注文を頂きあっという間にすべての商品が完売となりました。厳しい生活の中、福島の味をお楽しみいただきホッとした時間を過ごしてください。

    なお完売のため商品をお届けできなかった方、また注文販売の連絡が届かなかった方、本当に申し訳ございませんでした。どうぞ皆様ご健康にお過ごしください。

    販売商品はJun Pacific Corporationの舟山会長のご厚意で2月にスビアコのFujiスーパー様よりご提供いただきました。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

  • 2020年3月

    3月の活動その1.

    日本の芸術を通してオーストラリア東部ブッシュファイヤー被災地と被災者を応援!
    漆と沈金の日本伝統技法で文様を施した素晴らしいお盆が出来上がりました。製作代表者である会津大学短期大学部の井波教授より文様と技法の説明があります。動画でご覧ください。

    11506533220987[1]

    文様の説明は動画でご覧ください。

    細かい文様はこちらからどうぞ。

    3月の活動その2.

    日本からのメッセージはまだまだ増えています!

    福島からも!!!
    11506533991117

    11506533929956

    東京からは…
    小さい子どもさんや大人からも!!
    1583591390738[16127]

    若い世代からも!!
    1150653366926911506533711160

    1150653360726311506533520629

    1150653344819811506533388511

    1150653332461111506533296017

    皆様の「想い」、しっかりつなげます!!!

    3月の活動報告その3.3月4日、苦渋の決断

    publicdomainq-0018591zspCOVID-19(コロナウィルス)の感染拡大がオーストラリアでも見え始めました。政府、州政府、保健省、教育省等の発表を鑑み、パースふくしまの会では本年度の日本祭りで物品販売を中止することにいたしました。また、福島よりいらして漆芸の作品と技法を披露いただく予定であった会津大学短期大学部の井波教授、ならびに吾子氏、The K.I.S.S.メンバーも渡豪を断念いたしました。従いまして、当日予定していたエキシビジョン、および東部ブッシュファイヤー被災者へのメッセージ集めを中止し、完成したディジュリドゥと日本からのメッセージを展示する展示ブースのみで日本祭りに参加することにいたしました。日本祭り初年度より参加し沢山の方々に支えられてきましたので本当に、本当に、残念でなりません。しかし、関係者全員が様々な意見を出し合い熟考に熟考を重ねて今回の決断を下しました。

    ただ、私たちは諦めたわけではありません!形を変えてパースふくしまの会の目的を達成できないか模索中です。毎年人気の日本食品はFujiマート様からご提供いただいています。今年もラーメンや生糀、福島のうどんやそばなど懐かしく美味しい商品がたくさん用意されています。色々な方にお買い求めいただけるよう、そしてその売上金で福島の子どもたちを支援できるよう注文販売等別の方法を計画中です。皆様のご支援をお待ちしております!

    それぞれの想いを「つなげる」最善策を探し出し、必ず皆様の想いを届けるべきところへお届けします。

    3月の活動報告その4.3月7日、パース日本祭りに福島ブースを出展しました。

    今年から会場がスワンリバー沿いのエリザベス・キーに変わり会場の様子も一新!コロナの影響でキャンセルしたり縮小したりするブースが出る中、福島ブースでは物品販売を中止し時間を限定して福島の情報発信、漆作品の紹介、ブッシュファイヤー被災地へ送られるメッセージの紹介を行いました。

    パースふくしまの会のブースは会場入り口正面の最も目立つ場所に設置。全来場者をお迎えしました!

    漆作品制作のステップや、福島の最新情報を展示しました。

    オーストラリア東部のブッシュファイヤー被災地の皆様へ送るメッセージ集めの様子も展示しました。

    福島の今や福島からの恩返しの様子を伝えました。



    舞台では様々なパフォーマンスが披露されました。

    来年は全力で参加するぞ!と強く心に誓いました。

  • 2020年2月

    2月の活動報告その1.

    3月7日土曜日に行われる「第7回パース日本祭り」の準備が着々と進んでいます。
    今年はK.I.S.S.による福島県事業の一つとして、公立大学法人会津大学短期大学部 井波純教授(工芸漆)と吾子可苗非常勤講師(漆造形作家)http://www.jc.u-aizu.ac.jp/をパースに派遣し伝統工芸ワークショップを開催することになりました。祭り会場で漆工芸の技術をご覧いただけます。

    URUSHI

     

    今年も引き続き、様々な企業・団体様よりサポートを頂きます。

    ジュンパシフィックコーポレーション 名誉会長 舟山精二郎さまのご厚意でFujiマート様より食品等のご提供を頂きます。
    https://www.junpacific.com/fujimartper/
    Fuji Mart - コピー

     

    IDOMさまからは祭り当日、お手伝い要員をご調整いただきます。
    https://www.dvg.com.au/

    IDOM - コピー

     

    Tokyo Undergroundさまも毎年毎年様々な形でパースふくしまの会を支えて下さっています。
    https://www.facebook.com/TokyoUndergroundPerth/

    Tokyo Underground

     

    パース虹の会さまには運営に際し、様々なサポートを頂いています。
    Annotation 2020-02-18 092056
    http://nijinokai.com.au/home-2/

    そして福島県からは桃ジュースや赤べこなど、福島の特産品や最新情報をご提供いただきます。

    Kibita

    またオーストラリア東側のNSW州中心に起きている森林火災の被害に心を痛めた小中高生が被災地の学校に向けてメッセージを集めています。これはK.I.S.S.の「恩返しと励まし」活動の一つです。https://kissproject.hateblo.jp/entry/2020/02/04/000000

    メッセージを集めて下さっている学校は:

    👥 公立大学法人会津大学短期大学部
    👥 福島成蹊中学校・高等学校
    👥 郡山ザベリオ学園小学校
    👥 田園調布雙葉学園

    田園調布雙葉学園からのメッセージは、現在パースから日本に帰国し日本からパースふくしまの会を支えているJrメンバーの百花さんの奮闘により実現しました。百花さんはまず同級生に声をかけ賛同してくれた友人たちと学校に掛け合い、活動計画書の作成、プレゼンテーション、学校の承諾を経てメッセージ集めてくれました。若い力の瞬発力と熱い思いが日本とオーストラリアをつないでくれました。「つながり続ける」ことから生まれたパワーです!!ありがとうございます。

    成蹊高等学校でも若い力が集結しました。
    成蹊高等学校のメッセージ活動が2月9日の福島民友紙に取り上げられました。
    1581559009816[14801]

    1581559013408[14800]

    IMG_2220IMG_2218IMG_2219

    皆さま是非パース日本祭りの会場に足を運んでください。今年から会場がエリザベス・キーになります。

    2月の活動 その2.

    福島からまたまた新しい「つながり」が発信されました。

    2月19日の福島民報新聞に、キッス郡山ブランチ代表鷲谷恭子さんの寄稿文が掲載されました!

    Annotation 2020-02-20 215941

    2月19日 福島民報新聞 「サロン」欄

  • 2020年1月

    1月の活動報告その1.

    2020年は「つなげる ∞ TSUNAGERU」を目指します!

    2Rellay 

    パースふくしまの会は2020年も福島在住K.I.S.S の協力のもと、できる人が、できる時に、できるだけ、の活動を継続していきます。皆さんのサポートのおかげで「パースふくしまの会」の活動を知ってくださる方が年々増えてきています。今まで「情報の発信」を目標に掲げて活動してまいりましたが、2020年は発信に加え、様々な「場所」「人」による様々な「目的」の活動を最適な「場所」「人」に “つなげる” ことを目指していきます。2020年も引き続きご協力いただけますようお願いいたします。

    1月の活動 その2.

    「福島」から「FUKUSHIMA」へ

    福島がイギリスの大手新聞ガーディアン紙より「2020年に訪れるべき場所 TOP20」の一つに選ばれました。

    https://www.theguardian.com/travel/2020/jan/04/where-to-go-on-holiday-in-2020-alternative-hotlist-ethical-destinations
    gardian

    世界各国で活動する福島県人会の頑張りがこの選出に貢献したことは間違いありません!

    そんな活動の様子が福島民報2020年1月21日朝刊紙面にて紹介されています。ミャンマーで行われた県人会交流会の様子です。
    Yangon